2012年10月10日

人間人生の3分の1は寝てます ~質の良い睡眠の為に逆に摂ってはいけないもの編~

そろそろ秋の足音も聞こえてきて寝やすい時期に入ってきますね。
せっかく寝やすくなったのにちょっとした間違いで睡眠の妨げにならないように、避けた方がいい食品などをご紹介したいと思います。

■カフェインを含む飲み物
 ・コーヒー、紅茶
 ・お茶(特に玉露茶)
 ・ウーロン茶、コーラ

みなさんご存知ですよね、朝眠気覚ましにコーヒー飲むかた多いのでは?
なぜかと言うとカフェインが大脳を刺激して感覚や思考、連想力を高めるからです。逆になにか集中して行いたい時とか深夜にやらないといけない時とかに良いかもですね。カフェインは持続時間が長いそうですので(だいたい3~4時間、多量摂取するともっと長くなるらしいです)夜早くに睡眠とりたい時には17時以降には摂らない事をお勧めします。
コーラにもカフェイン入っているのでおこちゃまにはあまり飲ませない方がいいかもですね(前にコーラ飲むと骨が溶ける説あった気がしますが、、あれはホントなのかしら)


 ・ケーキ類
 ・クッキー、スナック
 ・コーラ

ここでも出ましたね、コーラ。もう夜遅くには飲むなってことですね。
というのはさておき、、
意外と知られていなかったかもですが、砂糖を含む甘い物は一時的に血糖値が上がります。上がったら上がったままにしない様に自己防衛本能があるのが人の体ですので今度はインシュリンが分泌され血糖を下げるため、低血糖状態になりそしてアドレナリンが分泌されるのです。
アドレナリンは興奮状態になると出る物質と一緒なので体が興奮し目が覚めてしまうというわけです。

食後にデザートは欠かせない女性には残念な感じになってしまいましたが
睡眠は体を休ませて、体が休まれば精神も休まります。
上質な睡眠をうまく手に入れて下さい。




posted by けんこう堂 at 18:16| 埼玉 ☔ | TrackBack(0) | 睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック