2012年09月21日

寝起きに足が痛いのよね〜

朝起きて歩きだしが痛い、辛いという中高年の方多いのでは?なぜ中高年というとこの症状は40代〜50歳代のかたに発症しやすい症状だそうです(若い世代でもスポーツ選手などには出る場合もあるそうですが)
しばらく歩いたり動かしたりすると症状がやわらいでくるというのが特徴でもあるそうです。

この症状は「足底筋膜(腱膜)炎(そくていきんまく(けんまく)えん)」といい、かかとの骨から足の指の付け根まで張っている幅広い腱(筋膜)で、土踏まずのアーチ構造を弓のように支え、歩く時の衝撃を和らげてくれているのです。
これが立ち仕事や歩き過ぎなどで負担がかかり、小さな断裂がいくつもできて痛むのが特徴です。

ほぼ9割の人は早くて3カ月長くても3年以内には自然治癒するそうですが、、3年ずっと朝激痛はつらいですよね。激しい運動をやめ、ストレッチをしたり、抗炎症剤などを塗る(湿布なども)などで治療していく方法もありますので早くに改善したい方は治療してみて下さい。
posted by けんこう堂 at 18:52| 埼玉 ☔ | TrackBack(0) | 姿勢・動作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック