2013年01月29日

腰痛持ちの方のベッド・マットレスの硬さについて

 一般に、ベッドの硬さは硬めの方が腰痛に良く、柔らかいベッドは腰痛を助長すると言われています。背中・腰にとって理想的な形は緩いS字型なので柔らかいベッドだと必要以上に沈み込んでしまい腰に負担がかかってしまうのです。 なら硬いベッドが良いのかといわれればそうでもなく、硬すぎるベッドは腰椎が反り返ってしまうのでやはり腰に負担がかかってしまうのです。一番は硬すぎない中程度の硬さのベッドということですね。

 体格、寝る姿勢でおよその硬さ・反発加減を探したほうが良いでしょう。仰向けなら必要以上に腰やお尻が沈まないくらいの硬さ、横向きなら枕と組み合わせて肩や腰が適度に沈む硬さが良いとされています。

 目安としては、寝た状態で腰に手を入れようとしても入らないのがベストで、すんなり入るようだと頸や腰に負担がかかっていることになります。

 結局のところ硬さの問題は個人差があるので自分にあったものを探さないといけません。みなさん、安眠のためにも自分にあった布団を探しましょう!
ラベル:腰痛
posted by けんこう堂 at 13:29| 埼玉 ☔| 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする