2013年08月09日

猫背

こんにちは! 今回は猫背について書いていこうと思います!

猫背とは、猫のように背中が丸まって前かがみになっている姿勢のことです。見るからに背筋がシャンとしていなくて。なかなか自分で猫背だと気づくのは難しいですが、他の人から見ると猫背になっているのがよくわかるので友人や家族に聞いてみると良いかもしれないですね。

猫背になると、頭の位置と肩の位置の重心がズレてしまい首への負担が大きくなって、首や肩の周りが血行不良を起こします。そうなると、慢性的な肩こりや首のこり、背中の張り、頭が重いとか偏頭痛が起きやすいのです。また慢性的に肩こりがある、背中が張るという人の多くは、猫背の場合があるそうですよ。

猫背を改善するのに効果があるのは、立ち方を変えることです。立つときには、顎を引きます。そして、下腹に力を入れて、引き締めて立つようにします。そして、背筋を伸ばし空の上から、頭のてっぺんに糸で吊り下げられているようなイメージで立つようにしましょう。
初めは苦しいかも知れませんが、つねに意識してこの姿勢で立つようにします。慣れてくると、自然にその状態が保たれるようになります。やがて自然と姿勢が良くなってゆきその姿勢が楽になるので、それまで根気よく頑張ってつづけていきましょう!
posted by けんこう堂 at 09:13| 埼玉 ☔| 姿勢・動作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

加齢による自然現象 腰が曲がる原因と予防

こんにちは!今回は年をとると多くの人がなる腰が曲がることについて書いていこうと思います!

腰が曲がる原因に骨粗鬆症がありますが、これは原因のほんの一部で主な原因は背中を支えている背筋の衰えであると言われています。
人間が背中を伸ばして活動できるのは背筋が腰椎をしっかり支えているからできることで、背筋が衰えると腰を支えられなくなってしまうのです。

他にも椎間板の水分減少や腰椎のカルシウムの輸出によって椎間板と腰椎の厚さが薄くなってしまうのも腰が曲がる原因のひとつであると言われています。

腰が曲がるということは腰椎が曲がるということです。 腰椎が曲がると前方が狭くなり、後方が広くなくので神経の圧迫を防ぐ事が出来ます。 このことから腰が曲がるのは背筋の衰えをカバーする防衛反応と考えられますね。

腰が曲がるのを防ぐには、骨粗鬆症予防のためのカルシウム摂取と背筋が衰えないように背筋と、バランスをとるために腹筋を鍛えることが大切です。

腰が曲がるのは誰もがなってしまうことですが、日常的に栄養や運動をしておけば防ぐ事ができます。やはり大切なのはしっかりとした日常生活を送ることなのでしょう。
posted by けんこう堂 at 14:46| 埼玉 ☔| 姿勢・動作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

寝起きに足が痛いのよね〜

朝起きて歩きだしが痛い、辛いという中高年の方多いのでは?なぜ中高年というとこの症状は40代〜50歳代のかたに発症しやすい症状だそうです(若い世代でもスポーツ選手などには出る場合もあるそうですが)
しばらく歩いたり動かしたりすると症状がやわらいでくるというのが特徴でもあるそうです。

この症状は「足底筋膜(腱膜)炎(そくていきんまく(けんまく)えん)」といい、かかとの骨から足の指の付け根まで張っている幅広い腱(筋膜)で、土踏まずのアーチ構造を弓のように支え、歩く時の衝撃を和らげてくれているのです。
これが立ち仕事や歩き過ぎなどで負担がかかり、小さな断裂がいくつもできて痛むのが特徴です。

ほぼ9割の人は早くて3カ月長くても3年以内には自然治癒するそうですが、、3年ずっと朝激痛はつらいですよね。激しい運動をやめ、ストレッチをしたり、抗炎症剤などを塗る(湿布なども)などで治療していく方法もありますので早くに改善したい方は治療してみて下さい。
posted by けんこう堂 at 18:52| 埼玉 ☔ | TrackBack(0) | 姿勢・動作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする