2012年08月10日

関節がポキポキ鳴るのはなぜ・・

関節がポキポキと鳴る理由はたくさん説がありますが現在は関節の中の気泡が弾ける音と考えられています
関節の中で何が起こっているかを説明します  関節の中には関節液と言う液体があります そもそも液体は密閉された状態で圧力が下がると中から気体が発生する性質をもっています  関節を曲げたり、引っ張ったりすると、圧力が下がった状態になり関節に関節液から気体が発生しそのまま関節を引っ張るとその気体が弾け「ポキ」と音が鳴ります 一度鳴らすとしばらく音は鳴りません 結果関節の中にある気体が弾け「ポキ」という音がなります 
ちなみに首や腰など関節を鳴らす行為が気持ちよく感じる方もいると思いますがそれは関節を動かす行為が気持ちいいだけで音を鳴らさなくてもよいのです  なので音を鳴らす行為が気持ちいいと思う方は、音が鳴らないようゆっくり緩い力で関節を動かすようにするだけにするといいそうですよ。
posted by けんこう堂 at 09:13| 埼玉 ☔ | TrackBack(0) | 姿勢・動作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

正しい姿勢 正しい立ち姿勢

005.JPG
人も、人生もまた、放っておくと悪い方向へ傾きがちですね。そこで、まずは姿勢を正してみませんか?正しい姿勢とは、横から見た時に、耳、肩、腰椎の前、膝、くるぶしが、地面から垂直に、一直線にまっすぐ伸びたような姿勢です。頭が上から糸で吊り下げられているようなイメージで背中を伸ばし、お尻の筋肉を引き締めるとともに、おなかを引っ込めます。そして肩の力を抜き、あごを引きます。膝は伸ばすようにしましょう。

「壁を利用した正しい姿勢のチェック」
背中を壁にあてて立ちます。この時、後頭部・肩甲骨・お尻・かかとが壁につく状態であり、腰の後ろの隙間に手が入るくらいが、正しい姿勢の目安です。

性格のゆがみはさておき、姿勢はすぐに正せますよ!  けんこう堂



ラベル:姿勢 動作
posted by けんこう堂 at 09:26| 埼玉 ☔ | TrackBack(0) | 姿勢・動作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

骨盤をゆがませる座り方 〜アヒル座り〜

アヒル座りは、四角い骨盤に変形させると問題になっております。
お尻をペタンとつける座り方です。
最近の若者に、このタイプの骨盤が増えていると言われています。
骨盤は本来、逆三角形、ハート型になっていますが、アヒル座りをすると、本来骨盤の上部が蝶の羽の様に開いて、上体の重みを支えているのに対し、骨盤上部の横幅が狭くなり四角い形状を呈してくるものです。
四角い骨盤は、安定性が悪く、立っていても座っていても不安定になり、椅子に座っていても、足を組んだり絡めたりしてないと長く座っておれなくなります。このようなタイプの人は、電車などの椅子に座ると前方にお尻が行き、脚を前方に投げ出すような座り方になります。
この様に、骨盤が歪んでくると、良い座り方ができなくなり、ますます骨盤をゆがませてしまい、悪循環が生まれてしまいます。
ラベル:姿勢 動作
posted by けんこう堂 at 11:36| 埼玉 ☔| 姿勢・動作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする