2012年05月21日

寝過ぎの頭痛

なぜ、寝過ぎると頭痛が起こるのでしょうか。

緊張がゆるみ、頭の血管が広がることで頭痛が起こるといわれています。血管が収縮してその後ひろがり過ぎた時、ひろがった血管が近くの感覚神経を刺激することと、また神経伝達物質などの放出を介して血管の周囲に炎症が広がることで、痛みが起こると言われています。

寝不足でも、体にストレスがかかって頭痛が起きます。

何事もほどほどが大事ですね。これが一番難しいですね・・・。

けんこう堂
ラベル:頭痛
posted by けんこう堂 at 09:14| 埼玉 ☔ | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

ぎっくり腰 そのA

みなさん、ぎっくり腰になったらどうしますか?わたしならまずは・・・ふふふ。

ぎっくり腰は強い痛みを伴います。すぐに病院に駆け込もうとする気持ちも分かります。が!!激痛と精神的に不安になっている状態ですぐに病院に行く必要はありません。

まずは落ちついて楽な姿勢をとりましょう。呼吸を整え、落ちついて会話ができるようになってからでも病院に行くのは遅くないと思いますよ。

どのような姿勢が楽な姿勢かと申しますと、膝を曲げて横向きに寝ましょう。横向き!がポイントです。モーストインポータントです。(スペルが分からないのでカタカナで)

この状態が腰に負担の少ない寝かたなので、痛みが強い間はこの体勢をオススメいたします。
それでは神戸でした。
                         
posted by けんこう堂 at 18:39| 埼玉 ☔ | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

腸腰筋(ちょうようきん)を鍛えて腰痛対策

腸腰筋とは・・・大腰筋・小腰筋・腸骨筋の三つを合わせて腸腰筋と呼びます。腸腰筋は腰の深いところにあり、骨盤とももの骨をつなげ、骨盤の回転やねじれをサポートする働きをしています。また歩くときはバランスをとって歩行に際しての重要な役割をしています。

腸腰筋は、直立姿勢の時、骨盤を前傾位置に保つ仕事をします。猫背にならないようにするということです。腸腰筋を収縮させると、股関節を曲げることができます。また、両足が地面についている状態で左右の大腰筋を収縮させると上体を前に曲げることができます。腸腰筋が弱ると猫背になり、腰痛になりやすいので、大腰筋を鍛えましょう。腸腰筋を鍛えることで正しい姿勢が無理なく出来るようになります。   けんこう堂
ラベル:腰痛
posted by けんこう堂 at 11:24| 埼玉 ☔ | TrackBack(0) | 腰痛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする