2012年10月03日

膝のポキポキ  タナ障害

関節の中のひだや索状になった部分を棚(たな)と呼びます。
これが厚くなって関節を動かすときに引っかかり、痛みを生じるのが棚障害です。

[症状]
膝蓋骨(膝のお皿)の内側に圧痛を感じ、索状のものを触れ、 若年層や急にスポーツを始めた人に多く起こります。主な症状としては
 @パキンという弾発音がする。
A曲げ伸ばしする時に引っかかる感じがする
B運動すると痛みが出る(特に曲げ伸ばし)
C押すと痛みがあったり、違和感を感じる
原因として、皿の内側にある「滑膜ひだ」が繰り返し刺激を受けることにより、肥厚したり硬くなったりして、関節内に入り込んでしまう障害です。お皿と大腿骨の間に滑膜ひだが入り込んで擦れるために痛みが生じ、痛みの程度は人によって違ってきます。

なので痛みが軽くても、上記の症状があてはまる場合はスポーツを少し休むなどした方が無難かも知れません。そのまま続けると悪化する可能性もありますよ。 
ラベル:
posted by けんこう堂 at 13:23| 埼玉 ☔ | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

O脚の症状 昔はガニ股と言っていた

O脚で悩む方は結構多いですね。
見た目もそうなんですが、痛みや血行不良などの問題で悩む方もいらっしゃいます。
O脚の症状について書いてみたいと思います。

「脚が疲れやすい」
O脚だと、脚の外側の筋肉に負担がかかるため、長時間歩くと脚のすねの外側の筋肉が疲れやすくなります。ふくらはぎや脚全体が重くだるい感じを訴える人もいます。

特に長く歩いたわけでもないのにすぐにあしが疲れる、何もしていないのに足がだるい、という症状が出ることもあります。高いヒールの靴をはいて一日すごしたりすると脚が疲れます。

「脚のむくみ」
一日の仕事が終わると脚がパンパンにむくんだり、靴下のゴムの跡がなかなかとれにくかったりします。

O脚の人は脚がむくむ症状を訴える人が多いです。脚の血行不良により、水分の代謝も悪くなっています。冷え症体質や水分の摂りすぎなどの生活習慣が加わると、脚のむくみの症状も強く出ます。

「膝の痛み」
膝の軟骨が摩耗しやすくなります。そのために膝に痛みを感じ、熱をもったり腫れたりします。

今現在、O脚ではなくても年齢と共に変形してO脚になることもあります。
若いうちから筋力をつけたり、正しい歩き方でO脚になるのを予防しましょう。

ちなみに私はO脚より少しでも足の長さを・・・・受付(涙)


posted by けんこう堂 at 18:04| 埼玉 ☔ | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

膝の痛みを予防する

今回は膝の痛みの予防法を紹介します。

@肥満の解消・・・食事と運動を組み合わせてダイエットを。

Aイスの生活・・・正座をすると膝に大きな負担をかけます。出来ればトイレも洋式に

Bひざを強化する体操・・・膝の関節の周囲にある筋肉を強化することで膝の機能の衰えを予防する

Cお風呂で正座・・・一日一回、一分間、正座をすることはひざの関節を動かす運動に。水圧で関節の負担が少なくなる入浴時に行う。

D適度な運動を習慣に・・・ひざの痛みがある人は原因を確かめてから行うこと。軽い運動は血行をよくし、関節の曲げ伸ばしを楽にする。

E体を冷やさない・・・関節痛は冬に強まることからわかるように、体を冷やさない。

F長時間、立ち続けない・・・関節軟骨に大きな負担がかかる。重い荷物も持たないように。


私とのこの7つの約束、必ず守ってくださいね。受付
ラベル:
posted by けんこう堂 at 16:17| 埼玉 ☔ | TrackBack(0) | 膝の痛み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする