2013年10月01日

10月 旬の食材 さわら

こんにちは!今日はさわらについて書いていこうと思います!

日本では冠婚葬祭に用いられていて、懐石料理にはつきものの魚です。昔は漁獲量も少なく、高級とされていましたが、温暖化に伴い、東北でも多く獲れるようになったそうです。
成長に伴って呼び名が変わる、出世魚のひとつでもあるそうですよ。

さわらにある栄養は、良質たんぱく質、動脈硬化を予防するEPAや脳の活性化に役立つDHAが含まれています。
また、さわらのあぶらに含まれるn-3系脂肪酸は、アレルギーの予防効果が注目されているそうです。
他にも、余分なナトリウムを排出し血圧の上昇を抑えるカリウム、カルシウムの吸収を助けるビタミンDなどが含まれているんですよ。

私もさわらは大好きです。といっても宴会とかでしか食べた事はありませんけどね。
posted by けんこう堂 at 18:19| 埼玉 ☔| 栄養素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

9月の旬の食材 オクラ

 オクラに含まれるぬめりの成分は食物繊維で、整腸作用を促しコレストロールを排出する作用や便秘を防ぎ大腸ガンを予防する効果があります。

 またオクラにはβカロテンがレタスのおよそ3倍以上も含まれているようです。抗発ガン作用、髪の健康維持や視力維持、、そして、喉や肺などを守る働きがあるといわれています。

カリウムやカルシウムも豊富に含んでいます。オクラに沢山含まれているカリウムには塩分を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。

ねばねばする食べ物はやはり効果が高いですね。
posted by けんこう堂 at 18:16| 埼玉 ☔| 栄養素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

夏の旬な食べ物 とうもろこし

6月から8月の旬な食べ物として、とうもろこしがあります。

●成分
糖質、でんぷんを多く含んでいて、粒の皮には食物センイが多いです。胚芽部分はビタミンB1、B2、E、リノール酸が多く。カリウム、鉄分、銅などのミネラルも含まれています。


●効能
食物センイは便通をよくし、コレステロールを低下させます。ビタミンEは老化を防止し、ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える時に欠かせません。リノール酸は不飽和脂肪酸が多いのでコレステロールを低下させ、高血圧や動脈硬化に有効です。カリウムは血圧を下げてくれます。ひげや芯、根、葉にも薬効があるのです。特にひげは利尿効果や降圧効果があるんですよ。


●効果的な調理ポイント
▽収穫後1日で栄養分も風味も半減するので、すぐに食べるようにする。
▽栄養価は胚芽部分に集中しているので、実は手でむしり取るようにするとよい。


●利尿効果のある「とうもろこしのヒゲ」
とうもろこしのヒゲには「南蛮毛(なんばんもう)」という生薬名がついています。煎じて飲むと利尿効果があるので捨てないようにしましょう。
<作り方>
南蛮毛15gと水600mlを弱火にかけ、水が半量になるまで煎じる。こしてから飲む。この分量は一日分で、3回に分けて飲むと効果的です。

この時期によく見かけるとうもろこしにこんなに効能があるとは、思いませんでしたよね。屋台なんかでも良く見かけるとうもろこし、これを機会に普段食べない人は、ぜひ食べてみてください!
posted by けんこう堂 at 19:25| 埼玉 ☔| 栄養素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする