2013年02月26日

冬になると寝つきが悪いのはなぜ?

冬になると寝つきが悪い、またはスッキリ起きられない等の睡眠の面で困っている方は以外に多いです。

なぜかというと、睡眠には『気温』と『日照』が大きく関係しているからです。

冬になると、冷え性の人は寝る前の体温調節ができず、眠りに入りづらくなる傾向が出るとのこと。

私たちは眠りに入るとき、体や脳を休ませるために体の深部温度を下げようと、手足の血管を広げて放熱します。
眠くなると手足がぽうっと温かくなるのはこのためです。
しかし冬は床や布団などの冷たさに体が反応して熱を掛がさないように手足の血管が収縮してしまい放熱できないため、深部温度が下がらずなかなか眠れないのです。


また、人は朝の太陽の光を浴びることで眠気がとれるようなメカニズムになっており、太陽の光が弱い冬はすっきり目覚めにくくなるので、睡眠の不満が高まるようです。

冬の睡眠の質を高めて、寝つきや朝の目覚めを改善するためには、毎日寝る前に体温調節することが必要です。

そのためには、「就寝1時間前の入浴」と「寝る30分前に首もとを温めること」が効果的です。
体というのは温めた方が健康的だということをあらためて確認させられますね。

posted by けんこう堂 at 13:18| 埼玉 ☔| 睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

寝返りについて

 みなさんこんにちは!毎日充分な睡眠をとっていますか?7〜8時間が一番良いとされていますがみなさんはどうですか?近年では睡眠時間4〜6時間という人が多いらしくちゃんとした睡眠がとれてないみたいそうです。みなさんもできるかぎり睡眠はとりましょう!

 さて、今回は睡眠に関するなかで寝返りについて書いていきます。寝返りは、一定に姿勢で寝ている事で起きる血行不良やうっ血を防ぎ、筋肉の緊張をほぐし筋疲労の回復の効果があります。

 回数は個人差がありますが、平均20〜30回は寝返りを打っているそうです。睡眠中は浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠があり、それが繰り返される時に寝返りが増えると言われてます。 ちなみに寝返りは自分の利き腕を下にして寝返りを打つそうです。

 枕や布団によって寝返りの回数も変わり、柔らかい布団は寝返りがしにくいため、回数が減ってしまうのです。それにより肩こり・腰痛の原因になってしまうので注意しましょう。 

寝返りがしやすい硬さの寝具を選んで、快適な睡眠をとりましょう。
posted by けんこう堂 at 14:17| 埼玉 ☔| 睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

人間人生の3分の1は寝てます ~質の良い睡眠の為に逆に摂ってはいけないもの編~

そろそろ秋の足音も聞こえてきて寝やすい時期に入ってきますね。
せっかく寝やすくなったのにちょっとした間違いで睡眠の妨げにならないように、避けた方がいい食品などをご紹介したいと思います。

■カフェインを含む飲み物
 ・コーヒー、紅茶
 ・お茶(特に玉露茶)
 ・ウーロン茶、コーラ

みなさんご存知ですよね、朝眠気覚ましにコーヒー飲むかた多いのでは?
なぜかと言うとカフェインが大脳を刺激して感覚や思考、連想力を高めるからです。逆になにか集中して行いたい時とか深夜にやらないといけない時とかに良いかもですね。カフェインは持続時間が長いそうですので(だいたい3~4時間、多量摂取するともっと長くなるらしいです)夜早くに睡眠とりたい時には17時以降には摂らない事をお勧めします。
コーラにもカフェイン入っているのでおこちゃまにはあまり飲ませない方がいいかもですね(前にコーラ飲むと骨が溶ける説あった気がしますが、、あれはホントなのかしら)


 ・ケーキ類
 ・クッキー、スナック
 ・コーラ

ここでも出ましたね、コーラ。もう夜遅くには飲むなってことですね。
というのはさておき、、
意外と知られていなかったかもですが、砂糖を含む甘い物は一時的に血糖値が上がります。上がったら上がったままにしない様に自己防衛本能があるのが人の体ですので今度はインシュリンが分泌され血糖を下げるため、低血糖状態になりそしてアドレナリンが分泌されるのです。
アドレナリンは興奮状態になると出る物質と一緒なので体が興奮し目が覚めてしまうというわけです。

食後にデザートは欠かせない女性には残念な感じになってしまいましたが
睡眠は体を休ませて、体が休まれば精神も休まります。
上質な睡眠をうまく手に入れて下さい。




posted by けんこう堂 at 18:16| 埼玉 ☔ | TrackBack(0) | 睡眠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする