2012年10月25日

少し元気になる言葉 その5

「私達の最大の光栄は、決して倒れないことではなく、倒れるたびに起き上がることである。」
18世紀イギリスの詩人・劇作家・小説家のオリバー・ゴールドスミスの言葉です。

松下幸之助も同じようなことを言っています。
「こけたら、立ちなはれ」

失敗した時に繰り返し言っていると元気になります。
posted by けんこう堂 at 13:01| 埼玉 ☔| 少し元気になる言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

少し元気になる言葉 その4

受付のちょっとだけ元気になる言葉セレクション。第四弾です。


「生きることに疲れたあなたは今は休んでもよい。

周囲の人に迷惑をかけても、とにかく休もう。

いまあなたが静かに休むことであなたを蔑視する人がいれば、その人はあなたががんばっている時には、あなたから搾取する人である。」

                              BY 加藤諦三

加藤諦三(かとう たいぞう、1938年(昭和13年)1月26日)、東京都出身の社会学者で作家。

人生に疲れたわたしとあなたに送ります。


posted by けんこう堂 at 17:28| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 少し元気になる言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月23日

少し元気になることば その3

賢者のことばから、生きるヒントをもらいましょう!

今回は、古代ギリシアのストア派の哲学者 「エピクテトス」 のことばです。

幸福への道はただ一つしかない。
それは、意志の力でどうにもならない。
物事は悩んだりしないことである。

さて、あなたはどのように受けとめましたか?
posted by けんこう堂 at 20:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 少し元気になる言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする